大臀筋を多く使うため、階段の上り下りや自転車に乗る運動も継続して行うと効果的なトレーニングとなります。数多くこれらの筋肉を鍛える方法はありますが、片足ずつ四つん這いのポーズで後ろに蹴り上げるというトレーニングが切っての手軽です。

 

一方、ハムストリングスという筋肉がヒップの下の太ももにはあり、太ももを引き締めてヒップを持ち上げる役割をこのハムストリングスは担っています。幾重にもにこれらの筋肉が役割を果たしている間は、美しいヒップラインがヒップが持ち上げられるため維持されます。

 

よく歩く人などはそのため筋肉がつきやすく、太ももが筋肉によって太くなっている人も実際に多く見られます。また、ヒップ全体が大臀筋が衰えると閉じていた骨盤が開いてしまい、横に広がってしまうこともヒップラインに影響を与えていると言われています。

 

大臀筋とハムストリングスをこのような状態を改善するには、鍛えることが有効です。この大臀筋とハムストリングスの状態とヒップラインは、深玄関わりがあります。

 

つまり、これらの筋肉が衰えることによってヒップラインの崩れは、引力に抵抗出来ず、下に垂れ下がってしまうことが原因で起こっているのです。太ももの太さが美しい足を手に入れるには、重要な意味を持ちます。

 

常に足は体を支えている部位であるため、運動不足になりにくい部分であると言えます。“カモシカのような足”と美しい足のことを表現することがありますが、スリムな太ももをこれは表現する言葉でもあります。

 

大臀筋という筋肉がヒップ部分にはあり、ヒップ全体をこの大臀筋が持ち上げる役割を果たしています。太ももにはエネルギーが行き渡りやすく、よく使う筋肉がある部分なので、この状態で運動不足になると脂肪もつきやすいという特徴があります。